ピティナ・ピアノコンペティション

twitter
instagram
youtube

ピティナ新曲課題曲募集事業

2020年度応募要領(2022年度以降採用分)

ピティナ(一般社団法人全日本ピアノ指導者協会)では、ピアノ音楽に対する日本人の作曲活動を振興し、ピアノ学習者及び指導者と創作する者の親交を深める事を目的に、1987年度第11回ピティナ・ピアノコンペティションより、課題曲を広く一般から求めています。

応募締切日
2020年10月31日(必着)
募集部門・募集級
ソロ部門/A2級・A1級・B級・C級・D級・E級・F級
デュオ部門/連弾初級A・連弾初級B・連弾初級C・連弾中級A・連弾中級B・連弾上級
応募資格
問いません。
(ただし、ソロ部門D級・E級・F級は、音楽大学作曲科在学・卒業、もしくは全国規模の作曲コンクールでの入選歴を有する経歴が望ましい。)
応募料

1曲あたり ピティナ会員 3,000円 / 一般 5,000円

  • ピティナ会員とは一般社団法人全日本ピアノ指導者協会の本部登録会員(正会員・指導会員・学生会員・演奏会員・研究会員・作曲会員・支持会員・家族会員・調律会員・グランミューズ会員)を指します。
応募料振込先

三井住友銀行 巣鴨支店 普通預金口座 No.634941
一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会

  • 応募締切日までにお振込み下さい。
  • 納入後の応募料はいかなる理由があっても返却しません。
  • 可能であれば依頼人名(応募者名・振込人名)の前に「NP」を加えること。
    例:NP山田太郎
作品内容
  • 形式は自由。
  • 未発表(未出版)のもの。
  • 五線譜に記譜されているもので各級のレベルに合致しているもの。
  • ピアノコンペティション等の課題曲となるものなので、音楽的かつ演奏テクニック的に考えられ、教育的な 配慮のある作品。
  • 特殊奏法(クラスター、肘打ち、内部操作、等)は用いないこと。
  • デュオ部門においては編曲作品も可。ただし、原曲の著作権保護期間が満了していること。
提出物
◆ 応募用紙
  • 必要事項と作品に対するコメント(この作品の教育的意義について150~200字以内程度)
  • 複数の曲を応募される場合、応募用紙は1曲につき1枚添付してください。
◆ 楽譜
  • A4サイズ
  • 鉛筆書きは不可(コピーしたものは可)。そのほかペン書きのものや採譜ソフトで打ち込んだものは可)
  • ページ番号、ならびに小節番号(段の始め)を明記の上、ホチキスや製本はしないこと。
  • 譜面には曲名のみ記入し、作曲者名は入れないでください。
  • デュオ部門はスコア書式の楽譜で提出して下さい。
  • 楽譜には必ず運指を記入すること(子供の身体的な成長に考慮すること)。
◆ 音源(CD-R)
  • 打ち込み音源は不可。ピアノ実演奏に限る(できる限り、アコースティックピアノが望ましい)。
  • 複数の曲を応募される場合、音源は頭出しの再生が可能であれば、1枚のCD-Rにまとめていただいて結構です。
◆ 作品のアナリーゼ楽譜
  • 楽譜同様、鉛筆書きは不可(コピーしたものは可)。

必要書類を郵送いただくか、2020年度応募フォームよりご提出ください。

選考方法
ピティナ課題曲選定委員ならびにピティナ会員の作曲家による選考 譜面審査及び音源審査 (音源審査は参考程度とする)
結果発表:2021年5月上旬(予定)
  • 選考委員には、選考終了まで,作曲者の氏名等の情報を伏せて審査します。
  • 選考過程において、委員からの指摘に基づき、譜面の確認・修正をお願いする場合があります。
  • 二次審査(実音審査)を、行わないこととし、譜面および音源での審査のみとします。
選考基準
  • 作品の独創性
  • 記譜の正確性
  • 対象級に見合った教育的配慮のある作品かどうか(F級は音楽大学入試レベルを上限とする)
  • 対象級に見合った音楽的内容かどうか(半年間の練習・分析・探求に耐えうる内容)
  • 対象級に見合った演奏技術が設定されているかどうか(テンポ設定・運指の的確性など)
  • 上記条件のバランスを保っているかどうか
曲の内容についての目安
◆ 全体
タイトル 各年齢層に見合ったタイトル、またそのタイトルに見合ったテンポ・速度表記が望ましい。
◆ ソロ部門
A2級(小学生未満)
時間 20秒~40秒程度
形式 ABA, AABA(12小節~16小節程度)
拍子 2/4, 3/4, 4/4, 6/8
調性 ♯、♭1つまでの長・短調
和音 3和音まで、重音は2度、3度、5度まで
旋律 歌えるフレーズ・メロディ(読譜が十分でなく、歌って教える場合があるため)が取り組みやすい
ペダル 原則的に使用しない
音程 5度まで(片手)オクターヴは使用しない。
タイトル 子どもに理解でき、イメージしやすいタイトルが望ましい。
A1級(小2以下)
時間 30秒~1分程度
調性 ♯、♭2つまでの長・短調
ペダル 使用可能だが、推奨しない(曲の最後やフレーズの長い音符のみに)
音程 6度まで(片手)7度音程を使う場合は子供の身体的な成長を十分に鑑みた配慮をする
その他の項目はA2級に準ずる
B級(小4以下)
時間 40秒~1分30秒程度
形式 前奏 Coda 等効果的に使用も可
調性 ♯・♭3つ程度までの長・短調
ペダル 左右ペダルとも使用可能
なお、楽曲の意図、教育的スタンスが明確であってほしい。 また、タイトルと形式・音型からどんな音楽にしたいかがイメージしやすい曲が望ましい。
C級(小6以下)
時間 1分~2分程度
調性 全調
なお、楽曲の意図・教育的スタンスが明確であってほしい。 頭脳的・肉体的・体験的に成長しているので、to, D.C.(省略記号等)を用いて、3頁位の楽譜も可能。
D級(中2以下)
時間 1分~2分程度
E級(高1以下)
時間 1分30秒~2分30秒程度
F級(高3以下)
時間 1分45秒~3分程度
◆ デュオ部門

スコア書式の楽譜で提出すること

  • デュオ部門は年齢差のあるペアで組む場合も考えられるため、必ずしも各パートの難易度が同等でなくとも構わない。各パートの難易度に差をつけた曲も推奨する。
連弾初級A(2人とも小2以下)
時間 30秒~40秒程度
  • オクターヴや速い動きのパッセージは推奨しない。
連弾初級B(2人とも小4以下)
時間 40秒~50秒程度
連弾初級C(2人とも小6以下)
時間 50秒~1分程度
  • 同じレベル同士が組になることが多いため、主役メロディが片方によらず、問答形式でフレーズの 受け渡しがあると取り組みやすい
連弾中級A(一人は中3以下)
時間 1分~1分40秒程度
連弾中級B(一人は高3以下)
時間 1分30秒~2分30秒程度
審査により選出された作品について

審査結果で課題曲候補曲として選出された作品は、課題曲選定委員会において、課題曲として採用するかどうかが協議されます。 課題曲として採用された場合、発表される年度までに「ミュッセ(ウェブサイト上でのオンデマンド楽譜製本サービス)」もしくは楽譜出版社にて出版の上、所定の賞金(採用初回に限ります)を授与します。

2020年秋~:譜面・音源審査
2021年5月:審査結果 (5月上旬予定)
課題曲選定
2022年度以降:課題曲採用時(初回に限る)に、所定の賞金授与
賞金:
ソロA2級~C級、連弾初級A/B/C・中級A/B 50,000円
ソロD~F級 70,000円
  • ミュッセ」については右記を参照のこと。
  • 課題曲候補として選出された作品に対して、委員からの指摘に基づき、楽譜の修正をお願いする場合があります。
  • 賞金授与対象は、課題曲採用された時点です。
表彰

審査を経て、かつコンペティション課題曲として採用された作品の作曲者には、採用年度のピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会表彰式当日(例年8月下旬)に、表彰状授与・目録贈呈を行います。新曲課題曲として該当作品がない年度は、既存出版物の中より選択されます。

作品の使用について

初演権及び初版権は当協会に属します。また採用された作品を当協会で使用する際には、作品使用に関する諸費用―著作権等―を協会に請求しないものとさせていただきます。

参考資料

「ピティナ・ピアノコンペティション」課題曲の対象級 (いずれも2022年度以降のコンペティション課題曲 近・現代スタイルとして)

後援

一般社団法人日本作曲家協議会
日本現代音楽協会
カワイ出版
株式会社全音楽譜出版社
株式会社音楽之友社
株式会社東音企画

応募書類郵送・お問合せ先

〒170-8458 東京都豊島区巣鴨1-15-1
一般社団法人全日本ピアノ指導者協会
ピティナ新曲課題曲募集係(担当:浅井、牧野)
TEL 03-3944-1583 FAX 03-3944-8838
new_piece@piano.or.jp