ピティナ・ピアノコンペティション

9/17アレキサンダー・コブリン先生(イーストマン音楽学校教授)特別レッスン聴講募集

ショパンコンクール、浜松、ブゾーニなど多くの国際コンクールで優勝・入賞し、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝して名実ともにトップ・ピアニストとなったアレキサンダー・コブリン先生の久々のマスタークラスを開講・公開します。ロシアの伝統に根ざした音作りと、基本を徹底的に追求する楽譜解釈による本質的なレッスンは、近年では、世界中の音楽祭やマスタークラスでも高い評価を受け、各地から演奏・指導両面で招待を受けています。9月22日(土)には日経ホール(東京)にて、ショパンのソナタ3曲全曲によるリサイタルを開催するなど、日本でも人気の高いピアニストです。若き名教授のレッスンを間近で是非ご聴講ください。

日程:2018年9月17日(月祝)時間割は下記
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:石川悠子先生(英語)※通訳のある枠・ない枠があります。詳しくは下記時間割参照。
主催:公益財団法人福田靖子賞基金
協力:ピティナ、株式会社オーパス・ワン

聴講料:1日当たり3,000円(1日のうちではどの枠でもご覧いただけます)

受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールタイトルを「コブリン先生レッスン聴講申込」とし、メールにて「event@piano.or.jp」(@を半角にかえてください)まで、希望日、氏名、ご連絡先(メールorTEL)をお送りください。折り返し詳細をご連絡します。または当日、直接会場へお越しいただくのも歓迎です。当日はおつりのご用意がないので、2,000円(1人・1日あたり)をおつりのないようにお持ちください。

★受講生と曲目
10:30- 沢田蒼梧(19歳、2015ピティナG級金賞・2018特級セミファイナリスト) 
ショパン:バラード第1番 ト短調 Op.23
スクリャービン:ピアノソナタ第4番 嬰ヘ長調 Op.23(時間があれば)
※この枠は通訳なしです

11:30- 三好朝香(24歳、2016ピティナ特級銅賞) 
プロコフィエフ:エチュード ニ短調 Op.2-1
J.S.バッハ:フランス組曲第5番 ト長調 BWV816

12:30-14:00 休憩

14:00- 渡邊晟人(18歳、2018ピティナG級入選)
ベートーヴェン:ピアノソナタ第21番 ハ長調 Op.53 「ワルトシュタイン」 第1楽章
フォーレ:ノクターン第6番 変ニ長調 Op.63

15:00- 篠永彩也子(24歳、2015ピティナ特級グランプリ) 
ハイドン:ピアノソナタ ロ短調 Hob.XVI/32
スクリャービン:エチュード 嬰ハ短調 Op.42-5

16:00-16:15 休憩

16:15- 古海行子(20歳、2015福田靖子賞選考会第1位・2018特級銅賞) 
曲目未定
※この枠は通訳なしです。

17:15- 今田篤(28歳、2010ピティナ特級銀賞) 
ハイドン:ピアノソナタ ト長調 Hob.XVI/40
プロコフィエフ:ピアノソナタ第7番 変ロ長調 Op.83 「戦争ソナタ」
※この枠は通訳なしです。

18:15頃終了予定

※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※時間は、進行によって多少前後することがあります。