ピティナ・ピアノコンペティション

twitter
instagram
youtube

初指導者賞インタビュー:杉本直登先生

初指導者賞インタビュー

今年のコンペティションでは、新人指導者賞30名を含む、542名が指導者賞を受賞しました。


四期の学習で普段の練習方法も効果的に
杉本直登先生(正会員)

私は普段、未就学児から大人まで幅広く指導しています。個人だけでなくグループレッスンも行っており、ソルフェージュや聴音、指のストレッチなどを取り入れ、楽しんで基本が身につくように心がけてレッスンしています。私自身のコンペ経験はG級から受け始め、社会人になって特級を…というやや異色?ともいえる経歴で、A2級~C級までの比較的小さな作品を詳しく研究してこなかったため、コンペを受けたいと申し出てくれた生徒の各級の曲を徹底的に勉強しました。コンペの課題曲は大変理にかなった曲が多く、現代の超多忙な子どもたちも各時代の音楽の特徴を効率よく勉強でき、コンペを受けた生徒は普段のレッスン曲、エチュードの取り組み方も大きく成長したと感じています。また、直向きに努力し、時に失敗したり、成功したり、結果が嬉しいものだったりそうではなかったりと、コンペはピアノに限らず、子どもたちの人生においても貴重な経験をさせてくれたと思います。ピアノを習っている子どもたち全員がコンサートピアニストになるわけではありません。結果は大切かもしれませんが、コンペの場を利用して、大切な心の成長をしてくれたらと願っています。

(会報OUR MUSIC 366号掲載記事より)