ピティナ・ピアノコンペティション

twitter
instagram
youtube

初指導者賞インタビュー:田本華子先生

初指導者賞インタビュー

今年のコンペティションでは、新人指導者賞30名を含む、542名が指導者賞を受賞しました。


あきらめない心を育てるために
田本華子先生(指導会員)

大学卒業後、音楽教室に勤め3歳から大人まで幅広く指導しています。コンペティションに出た生徒は音楽教室の生徒たちがほとんどで、教室のイベントがたくさんある中本当によく頑張ってくれました。
私が普段のレッスンで心がけていることは、生徒と共に学び、諦めない心を育てることです。私自身もコンペティションに出た経験があり、その経験を生かして指導することが毎年何より自分自身の勉強になっています。

最近の子どもたちは様々な習い事をしており、練習できる時間も限られている子が多いように感じますが、忙しいから練習できない、曲を深められないということはなく、目標を設定して限りある時間の中、そこに向かうまでどのようにプロセスを踏めばいいのか常に生徒と一緒に考えられるレッスンを目指しています。

楽曲を先生に弾かされているのではなく、自分で考えて自らの心で演奏できるように、と生徒には常々伝えております。同時に結果がどうであれ、自分の演奏ができる満足感を味わう気持ちを持つことが、次のモチベーションに向かうと信じております。

今、甲斐環先生の指導法研究会の裏方のお手伝いをさせていただいておりますが、どんな生徒でも最後まで諦めない心をもって指導すれば必ず変わる!と先生が常々おっしゃっている、「最後まであきらめない」を私も心に留めて日々子どもたちに接しています。毎回テーマを設けて勉強会を企画しておりますが、先生の指導法や教材研究の他色々な先生方との意見交換の場が私自身のレッスンに大変役立っています。
今回の受賞は、生徒、支えてくださったご家族、講師が三位一体で頑張ったことによる大きなご褒美です。同時に私自身も学びを怠らず、常にアップデートし生徒にとって新鮮で楽しめるレッスンを心がけていきたいです。本当にありがとうございました。

(会報OUR MUSIC 366号掲載記事より)