ピティナ・ピアノコンペティション

twitter
instagram
youtube

コンペティション&課題曲チャレンジオンライン説明会続々開催!

コンペティション・課題曲チャレンジオンライン説明会

2021年3月1日にいよいよ第45回ピティナ・ピアノコンペティションの課題曲が発表され、今年もコンペティションが始まります。今年はコンペティションと課題曲チャレンジを同時開催!より多くのピアノ学習者の皆様に参加いただけるイベントにリニューアルいたします。

課題曲選定委員やコンペ指導やセミナー講師としてもご活躍の先生方をゲスト講師としてお迎えし、ピアノ指導者同士でコンペティションや課題曲チャレンジへの士気を高める「コンペティション&課題曲チャレンジ説明会」をオンラインで多数開催いたします。

参加料金は無料となっておりますので、コンペティションや課題曲チャレンジへのモチベーションアップに、どうぞお気軽にご参加ください。

インタビュー
コンペティション課題曲選定委員長
本多昌子先生

 立春が過ぎて梅の花もほころび、新芽が顔を出し、自然界では外に向けるエネルギーを感じる季節となりました。スタートの季節到来ですね。
まもなく、今年のピティナ・ピアノコンペティション課題曲が発表されます。第1回目のコンペティションから、バロック、古典、ロマン、近現代の「4期」より課題が提示されており、「4期」は課題曲の大きな特徴です。4期の曲に取り組むということは、音楽の歴史を学ぶこと、また音楽だけでなく世界の歴史を学ぶことでもあり、幅広い学びに繋がることでしょう。 今年も、課題曲を通じて、皆さんにとって大切なレパートリーになるかもしれない曲、新しい発見となるかもしれない曲との出逢いがあることを願っています。
出逢い・・コンペティションは、また人との出逢いもあります。自分の中にある目標に向かって努力するとき、ふと周りを見渡して同じ想いを抱いている仲間がいることに気がつきます。その仲間から得るエネルギーはとても大きいです。そのような仲間にも出逢えますように!
指導者である私達大人も、学びをともにする仲間との出逢いを求めています。このコロナ禍でなかなか直に会って歓談の出来ない状況ですが、便利なツールを利用してコンペティションに向けてのエールの交換が出来たらと思っています。 皆様のご参加をお待ちしています!  

コンペティション&課題曲チャレンジ説明会
★ここがポイント★
全地区オンライン開催。ご自宅からご参加いただけます。
課題曲選定委員、セミナー人気講師より、コンペティションへの想い・取り組み方についてのお話をお届けします。
各地の先生方とオンライン上で交流し、コンペティションへの意識を高められます。
本部主催
日程 主催 講師名 詳細・申込
3月3日(水) 本部事務局 金子彩子 詳細・申込
3月11日(木) 本部事務局 沢田菊江 詳細・申込
3月19日(金) 本部事務局 林公子 詳細・申込
4月2日(金) 本部事務局 今野万実 詳細・申込
4月13日(火) 本部事務局 永瀬礼佳 詳細・申込
支部・ステーション主催
日程 主催 詳細・申込
3月4日(木) さがみ大和撫子ステーション  
3月11日(木) みなとみらい支部 詳細・申込
3月11日(木) きやまステーション 詳細・申込
3月15日(月) 大和路ほほえみステーション 詳細・申込
3月16日(火) 沖縄支部 詳細・申込
3月17日(水) 名古屋支部  
3月18日(木) むさしの絆ステーション   詳細・申込
3月18日(木) 新潟りゅうとステーション  
3月25日(木) 新栃木支部・栃木県支部  
4月6日(火) かまくらの森ステーション 詳細・申込
4月6日(火) 豊橋支部  
4月16日(金) 徳島支部 詳細・申込
4月21日(水) 豊田支部  
4月30日(金) 湘南ピアチェーレステーション 詳細・申込
日程未定 市川支部  
日程未定 金沢西支部  
日程未定 静岡支部  
日程未定 掛川支部  
日程未定 枚方支部  
日程未定 ITAMI Air ステーション  
日程未定 岡山支部  
日程未定 広島中央支部  
日程未定 鳥取県支部  
日程未定 長崎支部  
日程未定 宮崎くじらステーション  
  • 支部・ステーション主催説明会のお申込みは、各事務局へお問い合わせいただくか、ピティナ本部事務局組織運営室(org@piano.or.jp)までお問合せください。
◆ ご協力いただく予定のゲスト講師の先生方

以下どちらかの先生に、各地区につきお一人ずつゲスト講師としてお入りいただきます。

秋山徹也先生、今野万実先生、金子彩子先生、熊谷麻里先生、齊藤浩子先生、笹山美由紀先生、沢田菊江先生、角野美智子先生、田中貴子先生、永瀬礼佳先生、林公子先生、本多昌子先生、松田映子先生、梁井亜希子先生