ピティナ・ピアノコンペティション

twitter
instagram
youtube

第43回入賞者記念コンサート 見どころ・聴きどころ

第43回入賞者記念コンサート 見どころ・聴きどころ

2020年3月21日(土)、今夏のコンペティション入賞者が第一生命ホールに集い、入賞者記念コンサートが開催されます。総勢32組41名、それぞれのコンペティションでの成長と新たなスタートとを記念するコンサート、その楽しみ方もまた様々です。
そこで、今年度の入賞者記念コンサートの見どころ・聴きどころを4つのポイントでご紹介いたします。
この4つを一つの切り口として、ご自身の見どころ・聴きどころで、入賞者記念コンサートをお楽しみください。

1
亀井聖矢さん(特級グランプリ)、黒木雪音さん(特級銀賞)が出演
勢いとまらぬ亀井さん 第2部では貴重な室内楽も!

例年コンサートのハイライトとなる特級入賞者による演奏。今年は亀井聖矢さん(特級グランプリ)が第1部と第2部に、黒木雪音さん(特級銀賞)が第1部に出演いたします。

特級グランプリ、聴衆賞、福田靖子賞、さらには日本音楽コンクール第1位と、まさに破竹の勢いの亀井聖矢さん。成長著しい亀井さんが、来年3月にどのような音を奏でるのか。第2部では亀井さんの室内楽もお聴きいただけます。コンチェルトで抜群の瞬発力を見せた亀井さんの室内楽、必聴です。

サン=サーンス:ピアノ協奏曲第5番
(特級ファイナルの演奏)
       
YouTubeでも話題沸騰 黒木さんのピアノを会場で!

黒木雪音さんは、2015年度福田靖子賞・2017年度G級金賞をはじめ数多くの受賞を重ね、一昨年は入賞者記念コンサートでも演奏しています。今年度特級ファイナルでのプロコフィエフのピアノ協奏曲第3番の演奏動画は、すでに再生回数18万回を超え、たくさんのコメントをいただいております。黒木雪音さんの音色を、ぜひライブでお楽しみください。

黒木雪音さんは一昨年はG級金賞として出演。
ラヴェル:「夜のガスパール」より スカルボほか
2
未来の特級グランプリを探そう
      
数多の特級グランプリを育てた舞台

実力者が一堂に集う入賞者記念コンサート。出演者が次の特級グランプリになることはめずらしくありません。今年、特級グランプリを獲得した亀井さんは、昨年度はG級銅賞として、入賞者記念コンサートの舞台で演奏しています。一昨年のグランプリ角野隼斗さんも、小さな級から入賞者コンサートへの出演を重ねてきました。
ピティナ・ピアノコンペティションに限らず、入賞者記念コンサートからさらなる飛躍を遂げる出演者もいます。昨年度G級金賞としてラフマニノフを演奏した森本隼太さんは、クライバーン国際コンクールジュニア部門に挑戦しました。

亀井さんは過去、F級銀賞、G級銅賞として出演。
着実に舞台を重ね、特級グランプリを獲得しました。
      
未来の特級グランプリ候補たち

今年度G級金賞の神原雅治さん(第2部)は、決勝ですべての審査員から高い評価を受け、福田靖子賞選考会でも亀井さんに次ぐ第2位となり、今後の活躍が期待されます。また、特級の前段階として新設されたPre特級からは、嘉屋翔太さん(金賞、第2部)、荒井玲奈さん(銀賞、第1部)が出演。 今年度の出演者から来年度特級グランプリが生まれるかもしれません。

神原雅治さん バルトーク:組曲『戸外にて』
(2019年決勝大会にて)
3
多彩な出演者・プログラム
十人十色のプロフィール

入賞者とひと口に言っても、そのプロフィールは十人十色。カーネギーホールでの演奏経験があるC級金賞安井友理さん、小学4年生にして入賞者記念コンサート4度目の出演となるD級銀賞長谷川祐音さん(第1部)、開成高校から東京音楽大学へ進んだPre特級金賞の嘉屋翔太さんなど、多彩な出演者が勢揃い。

長谷川祐音さん、昨年度の演奏
ソロ・連弾・2台ピアノにわたる、選りすぐりの楽曲

演奏曲にも注目です。入賞者記念コンサートは、課題曲のあるコンペティションとは異なり、各参加者が今まさに弾きたい曲を選び、練習を重ね、披露いたします。
入賞者記念コンサートでは、お目当ての演奏者、曲目だけではなく、新たな才能、新たな曲目に出会う場でもあります。第2部では二年に一度、2台ピアノの演奏もお聴きいただけます。才能豊かな演奏者による、ソロ・連弾・2台ピアノをお楽しみください。

第41回コンペ入賞者記念コンサート2台ピアノの演奏
(2台ピアノ上級[第1位]森永 冬香さん・山縣 美季さん)
  • 曲目は変更がある場合がございます。ご了承ください。
4
第一生命ホールの音響を味わう

大江戸線勝どき駅から晴海通りを南に、黎明橋を渡ると左手に現れる「晴海トリトンスクエア」。そこに入賞者記念コンサートの舞台となる第一生命ホールがあります。
ホール音響の泰斗、レオ・ベラネクが手がけた第一生命ホールの音響は折り紙つき。今年のコンペティションでは、最高峰の特級セミファイナル、Pre特級ファイナル、G級決勝の舞台となりました。 多彩な演奏者によるソロ、デュオ、室内楽を楽しめる入賞者記念コンサートは、ホールの音響を味わう絶好の機会です。部ごと入替制ですので第1部と第2部で別の座席をお選びいただくこともできます。ぜひ第一生命ホールの豊かな音響をお楽しみください。

晴海は夜景の名所。コンサート終わり、演奏の余韻に浸りながら、2020年のオリンピックに向けて移り変わる晴海の夜景を眺めてみるのはいかがでしょうか。

出演者に質問!

入賞者記念コンサートの出演者への質問を募集いたします。
下記のフォームより、質問をお寄せください。出演者のインタビューの際に反映させていただきます。

入賞者記念コンサート概要・チケットお申し込みはこちら