ピティナ・ピアノコンペティション

twitter
instagram
youtube
  • トップ
  • 関連イベント
  • 特級
  • 聴衆賞 ファイナル

ピティナ・ピアノコンペティション 特級

現在の投票ポイントは1ポイントです

投票する
  • 投票受付期間中のみアクセス可能になります。
  • 視聴時間に応じて投票ポイントが加算されます。1人分の演奏時間(約35分)で1ポイント、MAX4ポイントまでポイントがたまります。
  • 休憩時間は視聴時間として加算されません。
  • こちらのwebページでの閲覧・動画再生時間のみがポイントに反映されます。
  • 投票は一度のみ可能です。
  • セミファイナルファイナルのポイントを合算して「オンライン聴衆賞」が決定します。結果は表彰式にて公表いたします。
1.五条 玲緒
顔写真
  • ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 Op.18
    昨年の特級ファイナルでは、尾城杏奈さん・森本隼太さん・谷昂登さんの3人が、ロシアの作曲家セルゲイ・ラフマニノフ(1873-1943)のピアノ協奏曲から、第3番ニ短調を選んで演奏し、大きな話題を呼びましたが、今年の特級では、エントリーの時点からすでに第3番を選んだ方は多くなく、かわりに、同じくこの分野の名作「ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op.18」を選んだ方が、すべての課題の中で最も多くを占めました。それほどまでに、ラフマニノフの第2番と第3番というのは、ピアニストならば誰もがいつかオーケストラと演奏してみたい名作といえるのでしょう。 モスクワ音楽院を首席で卒業した後、「鐘の前奏曲」(Op.3-2)で名を立てたラフマニノフは、新しいピアノ協奏曲の作曲に取り掛かりますが、交響曲第1番の初演の失敗などによって自信を喪失し、極度の神経衰弱に陥ります。ラフマニノフは巨大な体躯と作品のスケールから大柄なイメージがありますが、性質は極めて繊細で、多くの作品で改訂(多くの場合は短縮)を施すなど、ナイーブな面を強く持っていたのです。1901年頃から、周囲の献身的なサポートと精神科医ニコライ・ダール博士の治療などもあり、ようやく作曲に復帰した彼がようやく満を持して発表したのが、このピアノ協奏曲第2番で、ラフマニノフ自身のピアノで初演され、1905年にグリンカ賞を受賞し、作品はダール博士に献呈されました。 作品は3つの楽章から成っています。荘厳なピアノの和音とアルペジオで、きわめて印象的に曲が幕を開けると、オーケストラにより雄大な第一主題が提示され、続いて示される第二主題は一転してラフマニノフならではの甘くセンチメンタルな美しさに満ちて、胸が締め付けられます。第2楽章は哀愁を帯びた緩徐楽章。クラリネットが奏する第一主題が多声的に扱われた後、中間部ではピアノによる華麗なカデンツァが奏され、最後は静かに曲を閉じます。終楽章は、軽快な雰囲気のアレグロ・スケルツァンド。気まぐれな第一主題と優美な第二主題の対比が鮮やかで、最後はピアノのカデンツァの後、2つの主題が見事に溶け合い、感動的に幕を下ろします。
静岡県静岡市出⾝。東京藝術⼤学⾳楽学部附属⾳楽⾼等学校を経て、現在東京藝術⼤学3年。ポッツォリーノ国際コンクールカテゴリーD、オレッジョピアノコンクール(共にイタリア)第1位。
◆ アンケートより

Q.タイムマシンに乗って作曲家に1人会いに行けるとしたら?
A.ラフマニノフの生演奏を聴いてみたい。

Q.好きな映画
A.スターウォーズ

Q.音楽以外の好きな科目
A.理科, 体育

Q.ピアノをやっていて一番嬉しかったこと
A.新しい解釈を思いついた時。お客さんの前で演奏できる時はいつでも嬉しいです。

Q.どんな音楽家になりたいですか?
A.作曲家が作り上げた作品の魅力を共有して、聴いてくれた人の日常に喜び、悲しみ、驚き、、などなど少しでも彩りを添えられるようになれたらな、と思います。

2.野村 友里愛
顔写真
  • チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 Op.23
    ピョートル・チャイコフスキー(1840-93)の「ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 Op.23」は、作曲家が、友人でモスクワ音楽院院長のニコライ・ルビンシテインに刺激を受け、初めて作曲したピアノ協奏曲であり、1874年11月から1875年2月にかけて作曲されました。彼は当然この作品をルビンシテインに初演してもらい、彼に献呈しようと考えていましたが、草稿の段階で聞かせた際に、ルビンシテインがこの曲の出来を酷評したため、名ピアニスト・指揮者、ハンス・フォン・ビューローに献呈することとなりました。1875年、ビューローはボストンにてこの曲を初演し、大成功をおさめました。のちに、ルビンシテインはこの作品を見直し、モスクワ初演の指揮者を務める(ピアニストはセルゲイ・タネーエフ)とともに、ピアニストとしても演奏し、普及につとめています。何らかのボタンの掛け違いがあったのかもしれません。作品は、1879年の夏および1888年の12月に2度にわたって改訂されています。第1楽章冒頭の、有名な、ピアノによる分厚い和音は、改訂により加えられたもので、初版ではなんとアルペジオとなっています。 第1楽章は、特に有名な雄大な序奏で始まります。ピアノのダイナミックな和音の上に、弦楽器が雄渾な筆致で主題を奏でて曲がスタートすると、ウクライナ民謡を素材としたといわれるこの第一主題のあとには、きわめて叙情的な第二主題が現れます。オーケストラとピアノが対等に絡み合う展開部を経て、繊細な表情を持つ再現部から雄大なカデンツァへ、終結はふたたび大きな盛り上がりを見せて堂々と幕を閉じます。全体の中でも大きな割合を占める楽章となっています。第2楽章は、ピツィカートの伴奏に乗せ、フルートのメロディが優しく歌われます。ピアノも温かな雰囲気で登場し、中間部では、軽快で華やかなソロを奏します。第3楽章は躍動感に溢れ、ピアノの技巧もますます華々しいものとなります。第一主題はウクライナの舞曲から取られ、ロシア農民が春の訪れの喜びを表現するかのようです。第二主題は穏やかで優しく、徐々に壮大なスケールのフィナーレへとつながっていきます。現代においても最もよく知られ、人気のあるピアノ協奏曲のひとつです。
愛知県名古屋市出⾝。現在、⾓川ドワンゴ学園N⾼等学校1年。ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝⼤会において、2015年B級⾦賞、2016年C級ベスト賞、2018年Jr.G級ベスト賞、2019年F級⾦賞及び聖徳⼤学川並弘昭賞を受賞。
◆ アンケートより

Q.タイムマシンに乗って作曲家に1人会いに行けるとしたら?
A.ショパンに会って、「こんな素敵な曲をたくさん創ってくれてありがとうございます」 と伝えたいです。

Q.好きな映画
A.漫画「この音とまれ!」

Q.音楽以外の好きな科目
A.国語

Q.ピアノをやっていて一番嬉しかったこと
A.ピティナのB級ではじめて金賞を取ったことが今でも忘れられないくらい嬉しい思い出です。夢みたいでした。

Q.どんな音楽家になりたいですか?
A.人の心を動かせるような音楽家になりたいです。音楽は国や時代を超えて繋がることができるので、世界中の多くの方と音楽を通して交流することが私の夢です。

3.進藤 実優
顔写真
  • ショパン:ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 Op.11
    「ピアノの詩人」フレデリック・ショパン(1810-49)が生涯に残したピアノ協奏曲はふたつ。オーケストラとともに演奏される作品は他にもありますが、ピアノコンチェルトとしては本日演奏される「ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 Op.11」と、昨年のファイナルで山縣美季さんによって演奏された「第2番 ヘ短調 Op.21」の2曲のみが知られています。今年7月に予備予選が開催され、進藤実優さんも10月の本大会に進出しているショパン国際ピアノコンクールでは、本選(ファイナル)で2曲のうちいずれかを演奏することが指定されており、多くのピアニストがこの第1番を選択し、連日連夜、個性的な解釈を聞かせてくれます。進藤さんが本大会のために準備しているのも第1番です。 曲番号も作品番号も、第1番のほうが先に作られたような印象を抱かせますが、実は、第2番のほうが先に作曲され、初演されました。1829年頃から作曲に取り組んでいた第2番を、1830年3月に初演したショパンは、すぐに第1番の作曲に取り掛かり、同年10月、ウィーンへ出発する直前のワルシャワでの告別演奏会で自身のピアノによって初演しています。2曲を書いた当時、彼は同い年のソプラノ歌手、コンスタンツィア・グワドコフスカに恋をしていたといわれますが、内気だった彼は告白できず、わずかに手紙に思いを綴るのみでした。ショパンの淡い青春の思いが詰まった作品といえるのかもしれません。献呈先は、フリードリヒ・カルクブレンナー。ドイツのピアニスト・作曲家で、当時のヨーロッパでピアノの名手として広く知られており、ショパンも一時弟子入りを考えていたほどの存在でした。 作品は、3つの楽章から成ります。第1楽章はホ短調、オーケストラが長い序奏で第一主題・第二主題を提示したのちにピアノの提示部が現れます。ピアノ独奏部は大変充実した内容を持ち、楽章全体としても20分近くが割かれることからも、この作品の内容の中心となっています。第2楽章はホ長調の「ロマンス」。ノクターン風の雰囲気を持ち、オーケストラの静かな伴奏に乗ってピアノで奏でられる旋律は、何とも言えない豊かでロマンティックな香りを漂わせます。終楽章は、ホ長調のロンド・ヴィヴァーチェ。ポーランドの民族舞踊をもとにした活気あるロンド主題が提示され、常にピアノのパッセージが躍動的に響きながら、華麗に幕を閉じます。
愛知県⼤府市出⾝。モスクワ⾳楽院付属中央⾳楽学校卒業。第18回ショパン国際ピアノコンクールの7⽉予備予選を通過し、2021年10⽉の本⼤会に参加予定。
◆ アンケートより

Q.タイムマシンに乗って作曲家に1人会いに行けるとしたら?
A.ショパンの作曲している様子を遠くから眺めていたい。

Q.好きな本
A.プーシキンの詩集

Q.音楽以外の好きな科目
A.英語・外国語

Q.ピアノをやっていて一番楽しいことは?
A.曲に対する理解が深まったとき。音楽を聴いているとき。

Q.どんな音楽家になりたいですか?
A.作曲家の思いを最大限に汲み取り、それを伝えられる音楽家になりたい。

4.今泉 響平
顔写真
  • W.A.モーツァルト:ピアノ協奏曲 第23番 イ長調 K.488
    ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-91)は、オーストリアのザルツブルクに生まれ、ヨーロッパで広く活躍した古典期の作曲家で、あらゆるジャンルに純粋無垢で美しい作品を残しています。ピアノ協奏曲は、習作や他人の作品の編曲、2~3台のピアノのためのものもありますが、一般に第27番までが知られ、本日演奏される「ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488」は、第20番 ニ短調などと並んで最も有名で最も愛されている作品といえるでしょう。今泉響平さんにとっては、15年ほど前に初めて勉強し、初めてオーケストラと演奏した思い出のコンチェルトだそうです。 第23番は、1786年の春に予定されていた演奏会のために、第24番(ハ短調 K.491)とともに準備された作品で、ますます充実してこの分野に熟達した書法を発揮しています。特徴的なのは、クラリネットの使用です。第22番に引き続き、当時まだ発展途上の楽器であったクラリネットが、オーボエのかわりに取り入れられ、また、ティンパニやトランペットといった祝祭的で明るい響きのする楽器も使われていないことから、モーツァルトが木管楽器中心の親密で温かな響きを想定していたことがよく分かります。また、カデンツァ(協奏曲の途中で、ソリストが1人で演奏する部分)も、当時の慣習では演奏者に委ねられることも多かったところ、この曲については、モーツァルト自身がわざわざカデンツァを書き残しており、この点からも彼のこだわりを見て取ることができます。 第1楽章はアレグロ、明るく澄んだ響きを持つ美しい楽章です。第2楽章のアダージョは、嬰ヘ短調のメランコリックな雰囲気が強い印象を与え、ピアノによるメロディにオーケストラが華を添えます。第3楽章はアレグロ・アッサイ、快活で華やかなフィナーレです。ピアノコンクールの協奏曲課題では、ドイツやロシアの大きな作品と並んでいる場合にモーツァルトが選ばれることは極めて稀で、本日もコンクールのファイナルでモーツァルトが演奏される貴重な機会となることでしょう。
福岡県福岡市出⾝。チャイコフスキー記念国⽴モスクワ⾳楽院を経て、同⼤学院課程には最⾼得点で⼊学・修了。ラザール・ベルマン国際ピアノコンクール(イタリア)第1位ほか国内外のコンクールにて多数受賞。
◆ アンケートより

Q.タイムマシンに乗って作曲家に1人会いに行けるとしたら?
A.ホロヴィッツ。作曲家・編曲家としてのことを色々聞きたい。

Q.音楽以外の好きな科目はなんでしたか?
A.数学

Q.ピアノをやっていてうれしかったことは?
A.難しい曲が弾けたとき。

Q.どんな音楽家になりたいですか?
A.何か研究に没頭できる音楽家

協賛企業
長谷工不動産
株式会社ワールドスタンダード