ピティナ・ピアノコンペティション

沢田蒼梧 さわだ・そうご 19歳 特級初挑戦

学歴

名古屋大学医学部2年/東海中学校・高等学校卒

師事歴

関本昌平(現在)、山口延子・山脇一宏

主なピティナ参加歴

2015 G級金賞、福田靖子賞選考会第4位
2014 Jr.G級銅賞
2012 Jr.G級入選
2011 D級ベスト賞
2010 C級金賞
2009 C級本選優秀賞
2008 B級銅賞

主な他コンクール歴・演奏歴

2014 エトリンゲン国際青少年ピアノコンクール(ドイツ)入選
2013 全日本学生音楽コンクール中学校の部全国大会第2位
これまでに、ポーランドシレジアフィルハーモニー交響楽団・山下一史氏指揮中部フィルハーモニー交響楽団・大府市楽友協会管弦楽団と共演。電気文化会館ザ・コンサートホール、東海市芸術劇場大ホール等でリサイタル。

2018特級 提出曲目
1次予選
  • D.スカルラッティ:ソナタ ハ短調 K.11/L.352、ソナタ ニ短調 K.1/L.366
  • ベートーヴェン:ピアノソナタ第27番 ホ短調 Op.90
  • リスト:超絶技巧練習曲第10番 ヘ短調 S.139-10
2次予選
  • シューマン:謝肉祭 ~4つの音符による面白い情景~ Op.9
  • ショパン:エチュード 嬰ト短調 Op.25-6
  • ラフマニノフ:前奏曲 嬰ト短調 Op.32-12
3次予選
  • ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番 ニ短調 Op.30(指定の楽章)
セミファイナル
  • ベートーヴェン:ピアノソナタ第28番 イ長調 Op.101
  • リスト:ピアノソナタ ロ短調 S.178
  • 武満徹:雨の樹 素描II ~オリヴィエ・メシアンの追憶に~
ファイナル
  • ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番 ニ短調 Op.30

プロフィール

1998年生まれ。半田市在住。6歳よりマツイシ楽器ヤマハ教室でピアノを始め、山口延子・山脇一宏講師を経て、現在、関本昌平氏に師事。ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会B級銅賞・C級金賞・D級ベスト賞・Jr.G級銅賞・G級金賞及び東京都知事賞、読売新聞社賞、ヒノキ賞、洗足学園前田賞受賞。福田靖子賞選考会第4位。全日本学生音楽コンクール中学校の部全国大会第2位。エトリンゲン国際青少年ピアノコンクール入選。これまでにポーランドシレジアフィルハーモニー交響楽団・山下一史氏指揮中部フィルハーモニー交響楽団・大府市楽友協会管弦楽団と共演。『新人演奏家コンサート』(碧南エメラルドホール)『プロフェッショナルへの期待 今 聴く!秘める10代』(名古屋 電気文化会館ザ コンサートホール/大阪 マグノリアホール)等多数出演。アロハ国際ピアノフェスティバル招待参加。2017年3月電気文化会館ザ コンサートホールでの初ソロリサイタルチケットは2週間で完売、同年8月東海市芸術劇場大ホールでのソロリサイタルでは800人以上の聴衆が来場。2018年7月豊田 ア ピアチェーレ・9月電気文化会館ザ コンサートホールにてソロリサイタル開催。第73回ジュネーブ国際音楽コンクール(2018年10月)出場決定。東海中学校・高等学校を6年連続首席で卒業。東海中学校卒業時に浄土宗門主賞、東海高等学校卒業時に学校賞受賞。現在、名古屋大学医学部医学科2年生。