ピティナ・ピアノコンペティション

twitter
instagram
youtube

課題曲チャレンジよくある質問(2)

課題曲チャレンジ

よくある質問(2)

こちらのページでは4/23に公開した「よくある質問(1)」から追加になった項目のみご紹介しております。 課題曲チャレンジの全Q&Aは以下のページに掲載中です。 随時Q&Aの項目を追加更新してまいります。

課題曲チャレンジ Q&A
チャレンジ方法

参加資格(年齢制限)はありますか?

未就学~高校3年生まで、どなたでも応募できます。各級の対象年齢の目安はコンペティションの参加資格に準じますが、「どの級へのチャレンジも可能」とします。企画の目的を「ご自宅で練習に励み、自らの演奏の可能性を追求して動画撮影にチャレンジすること」としているため学年・年齢による応募級への制限は設けません。
※企画の公開後にいただきました「大人のチャレンジ応募」のご要望にお応えして、全年齢でチャンレンジを受付することといたしました。(5/5追記)

同一級に複数回の応募はできますか?

2曲とも別の曲に変更した場合のみ複数回チャレンジが可能です。同じ曲を含む組み合わせで複数回の応募はできません

A1級とB級など、複数の級に応募できますか?

応募可能です。

動画撮影について

演奏動画の撮影条件(アングル、距離、映す範囲など)について教えてください。

演奏者の「顔(横顔)」と「手」が見えていることを最低限の条件とします。全身やペダル操作が入っていることが望ましいですが、ご自宅の環境によって、撮影できる向き・角度・距離などが様々ですので、「可能な範囲の条件での撮影」としていただく形で差し支えありません。

評価について

何人の先生からの評価がもらえますか?

5名の先生からのフィードバックをお返しする予定です。

その他、お手続きについて

2期チャレンジで2回応募したら4期チャレンジの割引料金が適用されますか?

適用されません。お申し込み時点で「4期チャレンジ」としてお手続きした場合のみ有効です。また「4期チャレンジ」として応募できるのは「同一級で4期の異なる課題を提出」する場合のみです。


課題曲チャレンジについて、よくいただく質問をQ&Aのページに掲載しています。 随時Q&Aの項目を追加更新してまいります。

課題曲チャレンジ Q&A