ピティナ・ピアノコンペティション

11/25ロナン・オホラ先生(ギルドホール音楽演劇学校教授)特別レッスン聴講募集

浜松国際ピアノコンクール審査員として来日中、当マスタークラスシリーズでもすっかりお馴染みとなったイギリス・ギルドホール音楽演劇学校ピアノ科教授のロナン・オホラ先生のマスタークラスを公開します。高い演奏能力、ソルフェーシュ能力を駆使して、オーソドックスな中に音楽の基本をじっと見つめる、誰が受講しても聴講しても等しく勉強になる、最高レベルのレッスンです。「弾き手がまずしっかりと音を聴くこと、それによって聞き手にも伝わりやすくなる」という大原則は、誰でも当然に分かってはいながら、なかなか徹底的に追求することは難しいものです。いつでもその原則に立ち返りながら、曲のスタイルに応じて何をどう聴いたらよいか示してくださるオホラ先生のレッスンは、導入期からの子供たちのレッスンや音楽家を目指す若者の指導に広く応用できる普遍的な内容に満ちています。ぜひご聴講ください。

日程:2018年11月25日(日)時間割は下記
会場:<東音>ホール(ピティナ本部事務局内)(JR巣鴨駅南口徒歩すぐ)⇒ 地図
通訳:千田直子先生(英語) ※通訳のない枠もあります
主催:公益財団法人福田靖子賞基金
協力:ピティナ
聴講料:1日当たり3,000円(1日のうちではどの枠でもご覧いただけます)

受講生と曲目:下方に記載

★申込方法
聴講希望の方は、メールタイトルを「オホラ先生レッスン聴講申込」とし、メールにて「event@piano.or.jp」(@を半角にかえてください)まで、氏名、ご連絡先(メールorTEL)をお送りください。折り返し詳細をご連絡します。または当日、直接会場へお越しいただくのも歓迎です。当日はおつりのご用意がないので、3,000円(1人あたり)をおつりのないようにお持ちください。

★受講生と曲目
10:30- 石川美羽(18歳、2016ピティナG級ベスト賞) 
ラヴェル:ラ・ヴァルス  または J.S.バッハ:トッカータ ニ長調 BWV912
※この枠は通訳なしです

11:30- 沢田蒼梧(20歳、2018ピティナ特級セミファイナリスト・2015G級金賞) 
ベートーヴェン:ピアノソナタ第13番変ホ長調 Op.27-1
※この枠は通訳なしです

12:30-14:00 休憩

14:00- 三重野奈緒(23歳、2017ピティナ特級銀賞)
ショパン:ピアノソナタ第1番 ハ短調 Op.4 第1、4楽章

15:00- 中野すみれ(13歳、2018ピティナG級全国決勝大会入選・2016Jr.G級ベスト賞)
リスト:メフィストワルツ第1番 「村の居酒屋での踊り」 S.514

16:00-16:15 休憩

16:15- 原嶋唯 (24歳、2015ピティナ特級二次入選・2017日本音楽コンクール第3位)
ショパン:24の前奏曲 Op.28
※この枠は通訳なしです。

17:15- 黒木雪音 (19歳、2017ピティナG級金賞・2015福田靖子賞選考会第1位)
ショパン:24の前奏曲 Op.28
※この枠は通訳なしです

18:15頃終了予定

※曲目および受講生は、都合により予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※時間は、進行によって多少前後することがあります。

【広告】